ムー監修 速報!未確認動物ニュース

FILE.3 【衝撃】湖畔デート中のカップルを襲った巨大水棲生物の謎
シェア
ツイート

2017年1月、山梨県の湖で一台のスマートフォンが発見された。現地ガイドが湖畔を散策中に拾得したそのスマホは、内部メモリの動画から、昨年から行方不明になっていたカップルの所有物だと判明した。
動画が撮影されたのはこのカップルが姿を消した昨年の6月24日当日。彼らの行方を追う上での重要な証拠となる映像として、関係者はこの画像をネットに公開したのだ。
問題はその内容である。
YouTubeにアップされるやいなや、湖にいるはずのない”巨大生物”が写り込んでいることから、一部界隈で大きな話題となっている。

カップル

動画は、ボートデート中に「自撮り」されたもの。絶景にはしゃぐ若い2人の微笑ましい姿から始まる。
しかし、状況は一変する。自撮り中の携帯の画面に「謎の生物」が写り込んでいたのだ!

カップル

驚きを隠せないふたりだったが、男性のほうは物珍しさにテンションがあがったのだろうか。巨大生物が現れたあたりをめがけて、石を投げ込むなどの挑発を開始した。

カップル

しばらくの間、湖面には変化がない。だが、「俺にビビってんだろ」などと男性は強がりを見せた後、映像は悲鳴に覆われる。

未確認動物

怒号のような鳴き声を上げながら、巨大生物が湖面に姿を現したのだ!
長い首を水面から伸ばした巨大水棲生物の頭部は人面を思わせるものであり、頭頂部には黒い体毛が確認できる。

巨大水棲生物の襲撃によって、撮影されたままスマホは水中に没したようだ。詳細は是非動画で直接確認してほしい。
日本でも池田湖のイッシー、屈斜路湖のクッシーなど巨大水棲生物の目撃例は世界中にあるが、人面を持つものは珍しい。
気になるのは、この巨大水棲生物と、襲撃されたカップルの行方である。一説には、ネッシーが生息するといわれるネス湖には外海へ通じるトンネルがあり、そこからネッシーが出入りしているといわれる。この湖にも同様のトンネルがあり、彼らは巨大生物とともに湖底トンネルの向こうへ行ってしまったのだろうか。謎は深まるばかりである。

シェア
ツイート